「神経システムの乱れによりおこる悪影響」について。

こんにちは。滋賀県大津市にある、まの鍼灸接骨治療院の藤井です。

先月は患者さんから高島の美味しい料理屋さんを、紹介していただいたのでドライブがてらに行ってきました。

スパーマーケットでは除雪をおこなっていましたが、すでに数メートルほどの雪玉ができていたので何故かテンションが高くなりました・・・たまには雪だまに飛び込んで、ハッスルしたいものですね~(∩´∀`)∩

 

 

今回は「神経システムの乱れが、健康におよぼす悪影響」についてお話しをさせていただきます。

興味のある方のみ、お時間のあるときにご覧いただければ幸いです。

 

 

神経システムについて。

私たちは生活するなかでさまざまな環境の変化にあわせて、体が変化することで毎日を快適にすごすことができます。

環境の変化にあわせて体をベストな状態に保つためには、「脳と体の神経ネットワーク」のはたらきがとても重要なこととなります。

 

 

脳からでている脊髄神経には「①運動神経 ➁感覚神経 ③自律神経」があり、それぞれ役割がことなります。

 

 

どの神経も私たちの健康にはかかせませんが、特に健康と深くかかわるものが「自律神経-じりつしんけい」となります。

 

 

自律神経は「①交感神経-こうかんしんけい・➁副交感神経-ふくこうかんしんけい」があり、環境の変化にあわせてバランスよく切替わることでベストな健康状態を維持することができるのです。

しかし、このバランスが乱れるとさまざまな問題がおこりはじめるようになります。たとえば・・・

①副交感神経が元気になりすぎる→うつ病

➁交感神経が元気になりすぎる→パニック障害

背骨や骨盤がゆがんで神経にダメージをうけると、自律神経のバランスが悪くなりさまざまな健康問題がおこるようになるのです。

幸いにも鍼灸や整体をおこない「関節のひっかかり」や「神経の圧迫」を解消することで、自律神経のバランスを整えて体の不調を根本から解消することができます。ご安心ください。

 

 

「神経システムとホルモンの関係」について・・・。

自律神経は体のバランスを維持するためにさまざまな働きをおこない、臓器からつくりだされる「ホルモン分泌」などの調節にも深くかかわっています。

「ホルモン」というとお鍋やお肉を想像しがちですが、ここでいうホルモンとは臓器からだされる化学物質(自然につくられるお薬)となります。

たとえ話…

今、このブログを見ているあなたの心臓は、「規則正しいリズム」で動くことで全身へ血液を送りつづけています。

もし5分以内にコンビニまで全速力で走っておにぎりを買いに行くミッションがあるとしたら、今のままの心臓のリズムでは走ることができません。

全速力で走るためには副腎髄質という臓器から、「アドレナリン」というホルモンをだすことで心臓の鼓動を早くさせて、血管を収縮させることで全身に効率よく血液と酸素をめぐらせなければならないのです。

アドレナリンが分泌されないときには、意欲がなくなり走るための気力すらわいてきません。

逆にアドレナリンが過剰に分泌されると、攻撃性が高まることでイライラしてキレやすくなります。

これらの環境の変化にもとずく「適応する力」は、さまざまな状況において私たちの意思とは関係なくおこなわれています。

また、あらゆる体の活動はホルモン(自然につくられる薬)にもとずきおこなわれているため、わずかな変化がおこるだけでも気分や感情にも大きな影響をあたえるのです。

したがってホルモンのバランスが悪くなると、本来ならできていたことすら出来なくなることもあります。

 

 

健康を維持するためには、脳と体がおこなう情報のやりとりにもとずいた「ホルモンの分泌」が欠かせないのです。

 

 

病気になるとホルモンのバランスが悪くなるため、薬(人工的につくられた化学薬品)をつかい状態をコントロールしようとするわけですが、過剰になれば副作用がでてくるし、不足していれば症状が改善することはありません。

ようするに薬(化学物質)はわずかに多くても少なくても、私たちの健康に大きな影響をおよぼすのです。

 

 

したがって人間の体はとても精密につくられているため、体の外からなにかをとり入れて問題を解決しようとすることには限界があるともいえます。

 

 

もともと「脳と体の神経ネットワーク」が正しくやりとりできていれば、脳があなたの状態に合った薬(ホルモン)をつくりだすことでベストな健康状態を維持できるものなのです。

 

 

あなたの体の状態にあった薬をつくることができれば傷ついた細胞を完璧に治すことができるので、ウイルスにも負けないし病気にもならないのです。

しかし、背骨がゆがんで神経がダメージをうけると、脳と体がおこなう情報のやりとりができなくなり、自然につくられる薬(ホルモン)を正しく作ることができなくなるため、本来あなたがもっている「治る力」が発揮されなくなるのです。

 

 

さらに状態が悪化していくとなんらかの病気を発症してしまい、「仕事・性格・思考・集中力・パフォーマンス」などにさまざまな影響をおよぼすようになります。

 

 

したがって、肩コリや腰痛などの不調を感じているときは「体からあなたへのシグナル」であるため、鍼灸や整体をおこない背骨や骨盤のゆがみを整えることで、脳と体がおこなう情報のやりとりを正しくおこなえるように、体調を整えておけば安心だと言いきれるのです。

 

 

 

 

「ストレス社会」は「神経のバランス」を壊しやすい時代。

私たちが生活している世の中は「ストレス社会」ともいわれおり、心と体のバランスを壊しやすい時代でもあります。

 

もはや「私は心身ともに健康ですよ~」と、自信をもっていえる人のほうが少ないのではないでしょうか。

実は「自律神経のバランス」は、私たちのメンタルやモチベーションにも大きな影響をおよぼしているのです。

 

また私たちにとって理想的な神経のバランスは、「副交感神経が優位になっている状態」ともいわれています。

 

いわいる「心身ともにリラックス」することで、持っている実力をあますことなく発揮できるようになるのです。

 

この知恵は健康だけでなくスポーツや仕事など、なにかを成し遂げようとする分野において共通している重要なトピックとなります。

しかし、背骨や骨盤がゆがむと自律神経のバランスが悪くなり、緊張している状態から抜けだせなくなるとさまざまな問題がおこるようになります。

 

スポーツや武道をみていても一流とよばれる人たちをよく観察すると、呼吸や体の使い方がとてもうまく「無駄な力」が一切はいっていないことがわかります。

 

 

 

身体能力を最大限に発揮するためには、リラックスすることがとても重要なのです。

 

 

 

実際に武術の師匠からは「かならず息を吐きながら動きなさい。息がとまると体が力んでしまうから、素早い動きができなくなるよ~」と教えてもらいました。

 

また「自分の呼吸をコントロールしないと、自分の呼吸に自分が支配される」という言葉があるくらい、「深い呼吸」をこなうことは心と体をリラックスさせるためにとても大切なこととなります。

話がぶっ飛んでしまいますが・・・実は、僕の武術の恩師はオーストラリア人で「セキュリティのプロ」でもあります。

 

恩師が考案した徒手格闘術は、軍の特殊部隊でおこなわれる格闘術のベースとなるほどです。

 

そんなスペシャリストとお話しをしていると、さまざまな学びを得ることができます。

 

射撃をおこなうときには照準をあわせてライフルのトリガーをひくまえに、「深呼吸をおこないリラックスした状態」で射撃をおこなうことで命中率が抜群に高くなるため、「呼吸のコントロール」を意識的におこなう訓練がおこなわれているほどです。(僕は射撃の経験がありません)

まさしく「心・技・体」の本質は、このような「心と体のつながり」をあらわしている言葉なのです。

 

これは仕事やスポーツにおいても同じことで、ベストなパフォーマンスを発揮しつづけるためには、まずは「努力を継続することができる体」をつくる必要があるのです。

 

何ごとにおいても成長して結果をだすためには、まず出来ないことをできるように努力しなければなりません。

 

出来なかったことができるようになったら、同じことを何回も反復して練度を高めることで、はじめて一流とよばれる領域までたどり着くことができます。

 

そのためには、物ごとを継続することができる肉体を維持することが不可欠なのです。

 

 

「姿勢が思考におよぼす影響」について。

このような観点からみると「猫背」などのストレスがかかる姿勢がつづくと、肩コリや腰痛がおこるだけでなく呼吸が浅くなることで集中力にも悪影響をおよぼすことがわかります。

呼吸が浅くなると「正常な思考」ができなくなり、冷静さを失うことで「ベストな判断や選択」ができなくなります。

 

 

さらに「問題を解決するための正しい選択」ができなくなると、人生にも悪い影響をおよぼしてしまうのです。

 

 

背骨や骨盤のゆがみを放置すると「背骨の老化」がすすんでしまうだけでなく、「ホルモンバランス」にも悪影響をおよぼすことで、結果的には「人生の質」にも大きな影響をあたえることを理解しなくてはなりません。

 

 

このような言葉もあります・・・

背骨がゆがむと心と体が病んでしまう・・・

病んだ人が増えていけば病んだ街がつくられる・・・

病んだ街が増えていけば病んだ国がつくられる・・・

病んだ国が増えていけば戦争がおきる・・・

今の社会情勢をみていると、まさにこんな感じだなと思います。

 

世の中で問題行動をおこしてしまう人間の本質としては「性格」や「性質」の問題があるものの、体の内からおこる影響をうけて「心と体のバランス」が悪くなっていることが根本原因なのかもしれません。

ちなみに私たちの「思考」は脳をつたわり、神経システムにも影響をおよぼすといわれています。

 

したがって「ネガティブな思考」ばかりしていると、正常にはたらくべき神経システムにも悪影響をおよぼしてしまいます。

 

逆に「物ごとをポジティブにとらえる習慣」をみにつけることで、何ごとにもとらわれない強靭なメンタルを手に入れるとともに、神経システムにもよい影響をあたえることができるのです。

 

 

なにごとも健康ありきだというわけですね~。

厄介なことは背骨がゆがんで脳と体がおこなう情報のやりとりができなくなっていても、症状がではじめて病名をつげられるまで問題に気がつかないということなのです。

 

鍼灸や整体をおこない背骨のゆがみをあるべき状態へ整えることで、「脳と体の神経ネットワーク」の流れが正常になるため、「本当の健康」をとりもどして「健康な街づくり」をおこなうお手伝いをさせていただくことができます。ご安心ください。

 

つらい健康の問題により「どこへ行っても良くならない・・・」とお悩みの方は、当院のトータル治療を受けてみてください。

 

あなたのお悩みを根本から解消するための、お役に立てると思います。

 

 

 

 

 

「神経システムの乱れによりおこる悪影響」について。

(柔道整復師・鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師 藤井康徳 監修)

 
インターネット予約はこちら
電話予約はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。