「肩コリとシップ」について。

こんにちは。滋賀県大津市にある、まの鍼灸接骨治療院の藤井です。

 

10月も後半にさしかかり寒さを感じるようになりました。気温が下がるとつらい肩コリでお悩みになる方も増えてきます。

 

「シップを買って貼ってみたけど、つらい肩コリが全然良くならない・・・」と、お悩の方も多いのではないでしょうか。

 

「肩コリには温シップがいい」とか「冷シップがいい」といろいろ言われるので、何が自分に合っているのかわからなくなります。

 

そこで今回は、「肩コリを解消する方法」と「シップの選び方」についてお話をさせていただきます。お時間のあるときにご覧いただければ幸いです。

 

肩コリとは。

肩コリとは首から肩にかけての筋肉がこわばり、血のめぐりが悪くなることで老輩物質がたまり「だるさ・疲労感・痛み」つらい症状をともなう状態をいいます。

 

肩コリになる原因はさまざまで、パソコンやスマホをおこなうときの「ストレスがかかる姿勢」や、学校や職場などの人間関係による「精神的なストレス」などでも起こるといわれています。

また、ひと昔まえよりも生活が豊かになり「体をうごかす機会」が減ってしまったことで、運動不足による肩コリでお悩みになっている方も増加しています。

 

肩コリが我慢でなくなり病院へいくと、さまざまな検査をおこない状態を見極めてくれます。

 

しかし、画像をみても問題がなければ「様子をみましょう~」といわれて、特に何もしてくれないことは少なくありません。

 

実は検査をおこなっても原因がよくわからない肩コリのおおくは、背骨や骨盤がゆがんで「脳と体の神経システム」に影響がでているためにおこる症状であるため、画像だけで状態を見極めることはできないのです。

また、痛みを感じているということは「治してほしいところがあるよ~」という、体からあなたにむけられたシグナルでもあります。

 

鍼灸や整体をおこない「関節のひっかかり」や「神経の圧迫」を解消することで、つらい肩コリは根本から解消することができます。ご安心ください。

 

 

温シップがいい?冷シップがいい?

肩コリがよくならずつらい状態がつづいたときには、シップを貼ることで症状がやわらげることができます。

 

しかし、つらい肩コリの原因を治さないかぎり、シップを貼るだけでお悩みを解消することはできません。

 

また、「缶コーヒーに温シップをはっても、ホットコーヒーにはならない」ように、シップを貼ってもカチカチに硬くなった筋肉をほぐして温めることもできません。

シップは温めたり冷やしたりしているわけではなく「神経を刺激して温まっているように感じているだけ」なので、治療の効果としてはあまり期待できるものではないのです。

 

 

実は「温シップや冷シップは、痛みをやわらげているだけ」なのです。

 

 

また薬やシップを貼ることで症状をやわらげることができるものの、原因を隠しつづけることで状態を悪化させている方はたいへんおおくおられます。

 

鍼灸や整体をおこない「関節のひっかかり」や「神経の圧迫」を解消することで、つらい肩コリは根本から治癒させることができます。「どこへ行っても良くならない・・・」とお悩みの方には、特にオススメです。

 

 

「冷やすとき」と「温めるとき」の見極め方について

つらい肩コリを感じている患部を冷やしたり温めたりするときには、「状態がどうなっているか」を正しく見極めてからおこなう必要があります。

たとえばケガをして腫れがひどいときには、血のめぐりが良くなるとよけい状態が悪化してしまうため、患部を冷やすことが大切です。

したがって、ケガをしたときに患部を温めてしまうと、よけい症状が悪化してしまうのです。

 

ケガをしてから3日ほどすぎると、炎症もだいぶ落ちついてくるため回復をうながすために、患部を温めて血のめぐりをよくしながら、浮腫みをできるだけはやく解消することがポイントになります。

 

また肩コリや腰痛など慢性的なものであるほど血のめぐりが悪くなり、疲労物質がたまることでさまざまな不調があらわれているいるため温めることが効果的なアプローチとなります。

このような観点からみると、肩コリをやわらげるためには「温シップ」のほうが、つらい症状をやわらげられる可能性があります。

 

また病院でよく処方されるモーラステープも、今では副作用などの影響から「妊婦さんに対しての使用は禁止」されるようにもなりました。

 

つらい肩こりは日常の生活習慣によるストレスや、悪い姿勢による背骨のダメージたまることでおこる症状なので、お薬やシップをつかい肩コリを治そうとすることには限界があるのです。

 

「どこへ行っても良くならない・・・」とお悩みの方は、効果的な治療を組みあわせた当院のトータル治療を受けてみてください。

 

 

 

「肩コリをほぐすストレッチ」について。

➀肩甲挙筋-けんこうきょきん

1.腕を後にまわしてイスをつかむ。

2.反対側の手で後頭部をもつ。

3.そのまま斜に、息を吐きながらゆっくりと伸ばす。

 

➁僧帽筋-そうぼうきん

1.背筋を伸ばす。

2.両手で後頭部をもつ。

3.両肘をしめて、息を吐きながらゆっくり前に倒していく。

 

③斜角筋-しゃかくきん

1.背筋を伸ばす。

2.手で伸ばしたい側の側頭部をもつ。

3.息を吐きながらゆっくり横に倒す。

 

このストレッチを「肩が凝ったなぁ~」と、思ったときにぜひ実践してみてください。

リンパや血の流れも良くなるkとで、つらい肩コリをやわらげることができます。

またお風呂にゆっくりとつかり、体をしっかり温めてからおこなうと効果的です。くれぐれも無理はしないでください。

 

それでもつらい肩コリが改善されないときは、鍼灸や整体をおこない「体のバランス」を整える必要があるので当院へご予約ください。

あなたのお悩みを根本から解消するための、お役にたてるはずです。

 

 

 

 

 

 

「肩コリとシップ」について。

(柔道整復師・鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師 藤井康徳 監修)

 
インターネット予約はこちら
電話予約はこちら

3 thoughts on “「肩コリとシップ」について。

  • 2020年3月5日 at 10:43 AM
    Permalink

    最近身体どこもかしことっても痛くてたまりません。本当にとってもつらく会社も休みがちで困っていますけどもどうしたら良いでしょうか?先生の所に行って直せばいいですが交通費が無いので行かれないです。助けて下さい。お願いします。

    Reply
    • 2020年3月5日 at 7:23 PM
      Permalink

      小野裕子さんはじめまして。院長の藤井です。

      「身体どこもかしことっても痛くてたまりません」「会社も休みがちで困っています」というのは、とてもおつらいで状態とお察し致します。

      ちなみに、お住まいはどちらでしょうか?

      遠方だと通院も大変になってくるので、せっかく治療しても通院することでお身体が疲れてしまい、なかなか結果がてないことがあります。

      まずは自宅か職場の近くにある、病院か治療院に通院してみてはいかがでしょうか。

      もし「どうやって選べば良いかわからない」という場合は、当院ホームページの「良い治療院の選び方」を参考にしていただければと思います。

      また何かの病気が原因で、症状が現れていることもございます。ぜひ一度、近隣の医療機関を受診してみてくださいませ。

      Reply
  • 2020年3月5日 at 10:45 AM
    Permalink

    身体が痛くてたまりません。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。