「脳と体の神経ネットワーク」について

こんにちは。滋賀県大津市にある、まの鍼灸接骨治療院の藤井です。

 

今回は鍼灸や整体をおこない背骨のゆがみをあるべき状態へ整えることで、「あなたが手にすることができるメリット」や「健康の本質」についてお話をさせていただきます。

長い文章となりますので興味のある方のみ、お時間のあるときにご覧いただければ幸いです。

 

「神経のシステム」について。

体にはおよそ105億の神経細胞があり脳は中央コンピューターのように働くことで、体のすみずみまでさまざまな命令をあたえています。

また脳からでている神経はとても柔らかくできているため、背骨によってあらゆる衝撃から守られています。

 

 

①天気の良い日に外へでると、瞳が縮んでまぶしくないように調整する。

➁暑い日には汗をかいて体温を逃がし、寒くなれば鳥肌がたち体温を逃さないようにする。

③感染して体のなかにウイルスが侵入してきたときは、発熱して免疫力を上げることでウイルスに打ち勝ちます。

これらの反応は、すべて神経システムにもとずいた体の働きなのです。

したがって「なんとなく調子が悪い・・・」というときも、体にはなんらかの不具合が生じているため「治さないといけないところがあるよ~」という、体からあなたに向けられたシグナルでもあるのです。

 

 

「脳と体の神経ネットワーク」について。

脳と体は「神経のネットワーク」をつくることで、体のなかのさまざまな情報をやりとりして健康を維持しています。

姿勢が悪くなり背骨がゆがむと神経の流れが悪くなることで、情報を上手くやりとりできなくなり問題が起こるようになるのです。

 

3つの神経について・・・

①感覚神経-かんかくしんけい

「目・耳・鼻・舌・皮膚」などから見て聞いて触ったりと、体が感じた情報を脳へとどける働きをしています。

私たちが日常生活で感じることがある「痛み」や「しびれ」は、感覚神経の異常によるものなのです。

 

➁運動神経-うんどうしんけい

脳から「体を動かしなさい」といった情報を筋肉に伝えることで、体を自由に動かすための働きをしています。

私たちが仕事やスポーツをおこなっているときに、自分の意思にもとずいて体を動かすことができるのは運動神経があるからなのです。

 

③自律神経-じりつしんけい

「激しい運動をして心拍数が上がるとき」や「食事をして胃腸の働きが活発になるとき」など、私たちの意思とは関係なく命を守るために働いている神経です。

この神経は「交感神経-こうかんしんけい」と「副交感神経-ふくこうかんしんけい」にわかれて、「内臓の働き」や「ホルモンバランス」など、さまざまな環境の変化に合わせて体の状態をコントロールするために働いています。

 

これらの神経は脳と体がおこなう情報のやりとりをおこない、私たちの健康を守るために働いているのです。

①「体から得た情報」は感覚神経を伝わり、脳へと情報が送られます。

 

➁「脳からでた情報」は運動神経を伝わり、細胞のひとつひとつへ情報を送ります。

私たちはこの「脳と体の神経ネットワーク」をもとに、さまざまな環境の変化に適応することができるため健康を維持することができるのです。

スマホやデスクワークの影響により背骨がゆがむと肩こりや腰痛だけでなく、脳と体がおこなう情報のやりとりが正しくできなくなり、さまざまな健康の問題が起こるようになるのです。

 

 

「治る力」について。

医学は進歩しましたが「健康のメカニズム」や「病気のメカニズム」など、人間の体についてはまだわかっていないことがたくさんあります。

 

そして、医学は万能でないことも事実です。

 

生きているとケガや病気などを患ってしまうこともありますが、実は私たちの脳は医学よりもはるかに優れてた力をもっているのです。

 

たとえば体のどこかにガンの細胞がでてくると、感覚神経をとおしてその情報はすぐに脳までとどけられます。

 

情報をうけとった脳は体のバランスをあるべき状態へもどすために、「ガン細胞をやっつけなさい」という命令を運動神経をとおして免疫細胞へと伝えます。

すると免疫細胞が形をかえてガン細胞を食い殺すようになるため、ガンを発症することなく健康に過すことができるのです。

 

この「神経のシステム」こそが、私たちの体にもともと備わっている「治る力」なのです。

 

また医学では数ミリのガン細胞を発見するために、さまざまな検査がおこなわれます。

私たちの脳はそれよりも精密に作られているため、神経とつながりをもつことで体のなかでおこっている全ての情報を瞬時に把握することができるのです。

 

 

あなたの体には、すでに名医がいるのです。

 

 

この体に備わっている力のことを「イネイト・インテリジェンス」といいます。

「イネイト・インテリジェンス」は体に起こるすべての問題を、「完璧に治すための力」をもっているため間違いを起すことはありません。

 

 

「自然によってできた病気は、自然の力によってのみ治る」

 

 

これこそが地球に生まれて命をさずかり、自然のなかで進化してきたあらゆる生物の原理原則なのです。

 

「なにかあれば薬を飲んで治すという習慣」は子供のころから無意識にすり込まれる伝統でもあるため、問題としては気がつきにくいものでもあります。

 

また薬を飲まなくてはいけないときがあるのも事実です。

 

しかし薬を飲んで症状をやわらげたり、どれだけ良質なサプリメントを飲んだとしても、症状の原因をとり除かないかぎりは「本当の健康」をとり戻すことはできないのです。

お母さんのお腹のなかで遺伝子の情報にもとずいて、280日かけてあなたの体をつくりあげた力が病気を治すのです。

 

鍼灸や整体をおこない背骨のゆがみをあるべき状態へ整えることで、「脳と体の神経ネットワーク」の流れが正常になるため、「本当の健康」をとり戻すためのお手伝いをさせていただくことができます。ご安心ください。

 

 

「自然につくられる薬」について。

姿勢が悪くなり背骨がゆがむと2週間ほどで、背骨のまわりにある筋肉や靭帯にもダメージがかかるようになり、肩コリや腰痛などのつらい症状があらわれはじめます。

実は体のなかでは脳と体がおこなう情報のやりとりが上手くできなくなりはじめているため、少しづつ健康のバランスが悪化していくことも少なくありません。

自律神経は「交感神経-こうかんしんけい」「副交感神経-ふくこうかんしんけい」にわかれて、ほかの神経とはことなる働きをします。

車でたとえるなら「アクセル」と「ブレーキ」のようなもので、私たちの意思とは関係なくはたらき環境の変化に合わせて、体をベストな状態に維持しています。

 

 

そのなかでも、特に重要となるはたらきは「ホルモンの分泌を調整する」という作用です。

 

 

ホルモンとは臓器でつくられるさまざまな物質で、血液の流れにのり体のすみずみまで細胞に情報を伝えていきます。

あらゆる体の活動はホルモンにもとずきおこなわれていて、わずかな変化がおこるだけでも気分や感情に影響をあたえるのです。

バランスが悪くなると本来ならできていたことすら、できなくなるほどの影響力があります。

 

このホルモンこそが、健康を維持して病気を治すためにはかかせない「自然につくられる薬」となります。

実はあらゆる病気は背骨がゆがんで、神経のはたらきが乱れて「ホルモンの分泌」が異常になることで起こりはじめるのです。

 

病気になるとホルモンのバランスが悪くなるため、医学では人工的につくられた化学薬品(薬)でそのはたらきを補おうとするわけです。

 

しかし、薬を飲んで症状がやわらいだとしても「自然につくられる薬」が、体のなかでつくれないかぎり病気が治ることはありません。

 

また症状にあわない薬を飲んだり、症状を隠すために薬の量が増えつづけると、病気そのもので亡くなるリスクよりも「薬の副作用により命を奪われるリスク」のほうが高くなるのです。

背骨や骨盤のゆがみは神経システムに悪い影響をあたえることで、さまざまな病気の原因となりうるのです。

 

まとめ

あらゆる病気は「薬を飲んだから治った。整体をしたから治った。」のではなく、あなたの神経システムが正しくはたらくことで「体の内側から治っていくんだよ~」ということをご理解いただければ幸いです。

 

 

「健康の本質」を理解することで、あなたにとってベストな選択をしていただければと思います。

 

 

鍼灸や整体をおこない背骨のゆがみをあるべき状態へ整えることで、「脳と体の神経ネットワーク」の流れが正常になるため、「本当の健康」をとり戻すためのお手伝いをさせていただくことができます。ご安心ください。

 

つらい健康の問題により「どこへ行っても良くならない・・・」とお悩みの方は、当院のトータル治療を受けてみてください。

あなたのお悩みを根本から解消するための、お役に立てると思います。

 

 

 

「脳と体の神経ネットワーク」について

(柔道整復師・鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師 藤井康徳 監修)

 
インターネット予約はこちら
電話予約はこちら

2 thoughts on “「脳と体の神経ネットワーク」について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。