「座っていると背中が痛くなる」とお悩みの、あなたへ

こんにちは。まの鍼灸接骨治療院 院長の藤井です。

 

先日、東京の技術研修会へ参加してきました。東京駅はトランプ大統領の来日にともない厳戒態勢で「駅のロッカールームは使用禁止」とされていました。来年の東京オリンピックには、どのような厳戒態勢になるのでしょうか。

さて、本日のお話は「座っていても背中が痛くなる」という症状について、お話いたします。

この記事をご覧のあなたは、デスクワークをしている時に背中が痛いとお悩みなのでしょうか?もしくは、赤ちゃんを抱っこしたり、お仕事で負担のかかる姿勢をした後に背中が痛い、とお悩みなのかもしれませんね。ご安心ください。今から、背中が痛くなる原因と解決方法をご説明いたします。ぜひ、ご活用ください。

 

背中が痛くなる原因は「背中を丸く」する習慣の負担が蓄積されることで起こることが多くございます。

そこで背中が丸くなると、身体の状態がどうなるのかを簡単にご説明いたします。

 

筋肉は大きく分けて、「➀関節を動かす筋肉」「➁関節を支える筋肉」の2種類にわかれます。

そして、背中を丸くする姿勢がつづくことで筋肉が引き伸ばされて攣ってしまいます。

 

よく攣ってしまう筋肉としては・・・

 

➀広背筋-こうはいきん

広背筋は背中の逆三角形をつくための代表的な筋肉です。この筋肉は、腰から始まりわきの下を通って腕の前まで伸びていることが特徴です。そのため、腕を後ろに引いたり内側に捻じるといった、肩の関節を動かすことに関係する筋肉です。

➁腰方形筋-ようほうけいきん

腰方形筋は腰の骨から肋骨に伸びている筋肉で、体幹を伸ばし横に倒したり骨盤を安定させる作用がございます。

背中を丸くするということは、この2つの「筋肉がギューッと引き伸ばされることで攣る」という現象が起こります。

 

じつは、これが座っていても背中が痛くなることの正体だったのです。

 

そこで、これらの筋肉を自宅で簡単にエクササイズする方法をご紹介いたします。

 

1.広背筋ストレッチ

➀背筋を伸ばして頭上で手を組む

➁そのまま真横に身体を倒す。

 

2.腰方形筋ストレッチ

➀あぐらをかく

➁伸ばしたい方向の膝を伸ばす

③反対側の手で足裏をの持つ

④そのまま真横に倒す

 

最初は少し痛いかもしれませんが、これらのストレッチをお風呂上がりの筋肉が温まった頃にジワーっと痛気持ちいいくらいで20~30秒ほど伸ばしてみてください。

デスクワークや背中を丸くする習慣で固くなった背中の筋肉の硬さがほぐれて、背中の痛みは少しづつ改善してくると思います。

 

それでも、痛みが改善しない場合は身体のゆがみで治療が必要な状態かもしれませんので当院へご予約ください。

 

 

 

「座っていると背中が痛くなる」とお悩みの、あなたへ

(柔道整復師・鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師 藤井康徳 監修)

 
インターネット予約はこちら
電話予約はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です