通院間隔の目安について

こんにちは。滋賀県大津市まの鍼灸接骨治療院の藤井です。

 

今回はあなたの健康にかんするつらい悩みを解消して、安心できる日常をとりもどすための「通院間隔の目安」についてご説明させていただきます。

 

鍼灸や整体(カイロプラクティック)などの治療をうけるときには「集中治療期・回復期・健康維持期」など、3つのステップに分けて計画的に治療をうけるとより効果的です。ぜひ参考にしてみてください。

 

 

➀集中治療期

体の状態を見極めて鍼灸や整体をおこない、「体のバランス」を整えることでつらい症状を解消するための期間。

目的:症状を解消する。

運動:ウォーキング

治療の回数:1週間に1~2回

治療の期間:初回から2週間~1ヶ月

➁回 復 期

つらい症状が治癒したことで、再発を予防するためのアプローチがおこなえるようになる期間。

目的:再発の予防  知識と理解

運動:ストレッチ ゴムチューブ

治療の回数:月に1~3回

治療の期間:初回から3ヵ月

③健康維持期

あなた自身の「健康にたいする知識」が豊富になり、健康を維持するための「良い習慣」をみにつけることで、「自分のコンデション」に責任をもって健康管理をおこなえるようになる期間。

目的:健康増進 病気の予防

運動:好きな運動

治療の回数:1年に数回のメンテナンス

治療の期間:初回から6ヵ月

 

まとめ

「健康にかんする価値観」は人によりさまざまです。

 

また将来かかるかもしれない病気を予防することで、「手にすることができるメリット」は計り知れないものがあります。

 

されとて「薬を飲むことで症状をやわらげる習慣」は、子供のころから無意識のうちに「親から教えられる伝統」であるため問題としては気がつきにくいトピックでもあります。

 

しかし、根本原因を治さないまま薬を飲んで時間だけが経過していくと、健康状態がどんどん悪化していくことも少なくはありません。

 

また、なにごとも症状があらわれてから治療をおこなうと、健康をとり戻すまでに「時間」や「お金」がかかることも事実です。

 

鍼灸や整体をおこない「体のバランス」を整えると、つらい症状を根本から解消できるだけでなく「病気にかかるリスク」を下げことができます。ご安心ください。

 

 

当院のトータル治療を受けることで、「あなたが手に入れられるメリット」の詳細はこちら・・・https://mano-healthcare.com/%e8%83%8c%e9%aa%a8%e3%81%a8%e7%a5%9e%e7%b5%8c%e3%81%ae%e3%81%8a%e8%a9%b1/2021/10/15/1218/

 

あなたがつらい健康問題でお悩みなら、ぜひ当院のトータル治療をうけてみてください。私があなたのお悩みを根本から解消するための、お手伝いをさせていただきます。

通院間隔の目安について

(柔道整復師・鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師 藤井康徳 監修)

 
インターネット予約はこちら
電話予約はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。