めまいの治療

めまいでお悩みのあなたへ

院長 藤井康徳

今、このホームページをご覧になられているということはめまいによる体調不良で、「大好きだった趣味を諦めるしかない…」とお悩みなのでしょうか。いろいろな医療機関を受診して、何とかやり過ごしているのかもしれませんね。おつらい状況だと思います。ご安心ください。

当院は「病院や整体では良くならない」とお悩みの患者様が来院されます。症状の原因を見極めて体のバランスを整えれば、つらいめまいを根本から治癒へ導くことができます。あなたが「この症状をどうにか良くしたい…」と真剣にお悩みなら、ぜひ最後までお読みください。

めまいとは?

めまいとは

日本では人口10万人あたり約15~18人(約0.1~0.2%)の方が、つらいめまいに悩まされています。国民生活基礎調査によると約240万人もの人に、なんらかのめまい症状があらわれているのです。めまいの種類はさまざまですが、「休んでいるだけで回復するもの」もあれば、一日をとおしてめまいに悩まされている方もおられます。

また、めまいには「ぐるぐる目がまわる・地面に足がついていない・寝ていても目がまわる・立ち上がるとめがまわる」など、さまざまな症状があります。めまいは「命にかかわる病気」ではないものの、私たちの日常生活におおきな支障をもたらす病気となります。

鍼灸と整体をおこない背骨や骨盤のゆがみを整えて「関節のひっかかり」や「神経の圧迫」を解消することで、つらいめまいは根本から治癒させることができます。「どこへ行ってもよくならない」とお悩みの方には、効果的な治療を組み合わせた当院のトータル治療が特にオススメです。

めまいの原因

めまいの原因

めまいが起こりはじめて病院へ行くと、まずは「内耳検査-ないじけんさ」がおこなわれます。「内耳-ないじ」とは聴覚にかかわる耳の奥にある器官となり、そのなかには「リンパ液」などの水が入っています。耳におこる問題のおおくは、この内耳にある「リンパ液量の異常」によりひきおこされるといわれています。したがって、この内耳に異常がなければ、体のなかの水分を減らすために「利尿剤・ステロイド・抗不安薬」などが処方されます。しかし、一時的に症状がやわらいだとしても、根本的な解決にはならないことがたいへん多いのが現状なのです。

めまいは体からのシグナルです

めまいを感じているときに薬を飲むと症状がやわらぎますが、原因を治しているわけではありません。また症状を隠しつづけることで、気がつかないうちに状態を悪化させてしまうこともあるのです。

めまいをおこしてしまう原因は、「内耳の問題」と思われがちですが、なかには「ストレス・精神的な不安・生活習慣の乱れ・環境の変化」などの刺激により、めまいがひき起こされることもあるのです。

また、めまいの症状は「体のバランスが乱れているよ~」という、体からあなたにむけられたシグナルでもます。したがって、めまいを根本から解消するためには「体の中のはたらき」に意識をむけることが大切なこととなります。

めまいをおこす病気について

めまいをおこす病気のなかで代表的なものは、「良性頭位発作性めまい-りょうせいとういほっさせいめまい」や「前庭性めまい-ぜんていせいめまい」などがあります。

いずれのめまいをひきおこす病気も、「平衡感覚-/small>へいこうかんかく」が大切なキーワードとなります。平衡感覚とは「目からの情報・耳からの情報・手や足からの情報」など、体から集められたさまざまな情報をまとめる役割があります。

これらの情報が正しく脳までとどけられることで、私たちは「正常なバランス感覚」を維持することができるのです。しかし、背骨がゆがんでしまい神経システムに悪影響がおよぶと、「脳と体がおこなう情報のやりとり」が上手くいかなくなりめまいがおこるようになるのです。

鍼灸と整体をおこない背骨や骨盤のゆがみを整えて「関節のひっかかり」や「神経の圧迫」を解消することで、「脳と体の神経ネッワーク」のはたらきが正常になりつらいめまいを根本から改善させることができます。「どこへ行ってもよくならない」とお悩みの方には、効果的な治療を組み合わせた当院のトータル治療が特にオススメです。

症状が全身へ及ぼす悪影響

「めまい」などのつらい症状がつづくと「悪化するのが嫌だから寝ておこう」と、日常のなにげない行動をすることが少なくなります。めまいにより「体をうごかす機会」が少なくなると体力や筋力が低下してしまい、姿勢が悪くなることでさまざまな健康問題を誘発することもあります。

まためまいになる方の多くは、もともと骨盤がゆがんで背骨の動きが悪くなっているため「顎関節のゆがみ」による頭痛などに悩まされている方も少なくありません。

さらに慢性的なめまいの症状を隠しつづけるために薬の量が増えつづけていくと、耳のなかにある「聴覚細胞-ちょうかくさいぼう」にも悪影響をおよぼしてしまい、薬の副作用によるめまいを誘発してしまうこともあります。また「抗生物質の副作用」としてめまいを悪化させていることもあるため、飲んでいる薬の管理は正しくおこなう必要があります。

鍼灸や整体をおこない「関節のひっかり」や「神経の圧迫」を解消することで、つらいめまいを根本から改善して「再発を予防」することができます。ご安心ください。症状を隠しつづけるために薬の量が増えつづけている方には特にオススメです。

めまいの治療

1.問診

問診

めまいといっても人により「原因」や「症状」はさまざまです。また、あなたの「生活習慣の癖」や「生活環境」をしっかりと把握しないと、「正しい治療方針」をたてることができません。まずはしっかりとお話をお聞きすることで「なぜ、めまいが起こるのか?」を見極めていきます。

2.検査

①視診

立っている姿や歩き方をみることで、あなたの体がどのようにゆがんでいるかを見極めます。また「背中の盛り上がり」や「足指の向き」をみることで、骨盤や背骨のゆがみを見極めることができます。急性の状態ほど皮膚が湿っていたり、慢性の状態ほど皮膚がカサカサしているなど「神経が圧迫されている所見」は皮膚にもあらわれます。

②ナーブ・スコープ(温度検査)

Nervoscope(ナーブ・スコープ)という器具を使い、背骨の「右左の温度差」を見極めます。背骨がゆがむことで神経が傷ついて炎症がおこると、「皮膚の温度」が変化して「ブレイク」という異常反応があらわれます。(ブレイクは神経が圧迫している指標となります)

③静的触診

座って静止している状態で、背骨や骨盤のまわりを慎重に触診していきます。神経圧迫をおこしている背骨のまわりには「浮腫」みがおこり、強い痛みを感じる「圧痛点‐あっつうてん」があらわれます。

④動的触診

原因である背骨をしぼり込み、体をさまざまな方向へ動かすことで「異常な動きをしてる背骨」を見極めていきます。背骨の動きを確かめることで「どの方向から背骨を矯正するべきか」が明確にわかるようになります。

⑤レントゲン分析

医療機関で撮影されたレントゲンを分析して、背骨や骨盤のゆがみを正しく見極めることで「姿勢・椎間板の老化状況・背骨のゆがみ・禁忌症」がわかるので、あなたにとってベストな治療方針をたてることができるのです。(※過去6ヵ月以内に撮影されたレントゲン画像をお持ちの方は、初診時にお持ちください)

3.治療

①整体

整体

客観的なデータをもとに体の状態を正しく見極めて、背骨や骨盤のゆがみをあるべき状態へと戻します。すると「関節のひっかかり」や「神経の圧迫」が解消されて、つらいめまいを根本から解消することができます。さらにバランスの悪さによって「体重を乗せてない脚」には悪い影響がでやすいため、「荷重足」「非荷重足」を見極めて筋肉のバランスを整えます。

背骨や骨盤のゆがみを整えて根本原因を解消することで、神経の流れをスムーズにして「体が動きやすい状態」をつくります。

②鍼灸

鍼灸

鍼灸治療には「東洋医学的なアプローチ」と「西洋医学的なアプローチ」の2種類があります。体のなかに原因があるときは「経絡の流れ」を考慮した、東洋医学的アプローチをおこないます。筋肉に原因があるときは「運動連鎖」を考慮した、西洋医学的アプローチをおこないます。

鍼灸をおこなうことで「気血津液」や「血液の流れ」が良くなり、体の芯からリラックスすることができるのです。

③楽トレ

楽トレ

特殊なトレーニングマシンを使用して、通常では鍛えにくい筋肉(インナーマッスル)を鍛えます。体幹を支える筋肉(インナーマッスル)は、ヨガやピラティスといった運動を継続しないと効果があらわれません。楽トレは「30分寝ているだけでインナーマッスル9000回分の運動効果」が獲られるため、年齢に関係なく良い姿勢を支えるための筋肉を強化することができます。

インナーマッスルを強化することで体幹が安定して「良い姿勢」が楽にとれるようになるため、「背骨の健康」をベストな状態でキープすることができるのです。

これらの効果的な治療法を組み合わせて、あなただけのトータル治療をおこないます。つらいめまいにより病院や整体に通ってもなかなか症状が改善されない方や、無駄に全身マッサージに通われてしまっている場合は、ぜひ一度当院のトータル治療を受けてみて下さい。

(柔道整復師・鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師 藤井康徳 監修)

 
インターネット予約はこちら
電話予約はこちら