むち打ちの治療

むち打ちの後遺症でお悩みのあなたへ

院長 藤井康徳

今このホームページをご覧になっているということは、手足のシビレが良くならず頭痛やめまいで「仕事や家事が手につかない・・・」とお悩みなのでしょうか。どうにか良くするためにいろいろな医療機関を受診して、何とかやり過ごしているのかもしれませんね。おつらい状況だと思います。

ご安心ください。当院は「病院や整体では良くならない」とお悩みの患者様が来院されています。症状の原因を見極めて体のバランスを整えれば、つらい交通事故の後遺症を治癒へ導くことはできます。あなたが「この痛みをどうにかしたい・・・」と真剣にお悩みなら、ぜひ最後までお読みください。

むち打ち症とは

むち打ち症とは

むち打ちとは交通事故などの強い衝撃により、首の関節に負担がかかり「首の痛み、腕のしびれ、頭痛、めまい、吐気、肩こり、腰痛」など、さまざまな症状が現れる状態をいいます。医学的には「頸椎捻挫(けいついねんざ)」や「外傷性後頸部症候群(がいしょうせいけいぶしょうこうぐん)」と言われていますが、「むち打ち」として広く知られています。

首に強い衝撃をうけた直後は神経が異常に高ぶっているため、痛みを感じない方もおられますが受傷後の数週間以内には何らかの症状が現れる方がたいへん多くおられます。むち打ちといっても原因や症状はさまざまで「痛みの強さ・治るまでの時間」には個人差があります。さらに症状が重くなると病院でのリハビリでは治療効果が獲られなくなり「どこへ行っても良くならない・・・」とお悩みになる方がたいへん多おられます。そのため、あなたの体の状態に合わせた治療をおこなう必要があるのです。

むち打ち症の後遺症について

不慮の事故に遭遇してしまい何カ月も病院のリハビリに通院しても、「首の痛み・肩コリ・腕のしびれ・頭痛・めまい」などの後遺症が残ってしまうことはあります。後遺症が残ってしまうと何年もつらい症状がつづいてしまい、その後の生活に支障がでてくることも珍しくありません。

重症になると排泄や脳の機能に異常がではじめますが、レントゲン検査で異常を確認することは難しく軽症ととらえられてしまう傾向もあります。したがって事故後はなるべく早い時期から鍼灸や整体をおこない、症状と原因の両方をしっかり治療して根本的に首の状態を改善していくことをオススメしております。

むち打ち症はどれくらいで治るのか?

交通事故にあわれる方は年齢や体格も個人差があり、痛みやしびれの原因や症状もさまざまです。一般的には3カ月を指標として病院でのリハビリがおこなわれますが、完治せず症状が後遺症として残ってしまう方もおられます。

当院では問診や検査をおこないお体の状態を見極めて、鍼灸でカチカチになった筋肉をほぐして体をリラックスさせてから、整体をおこない骨盤や背骨のゆがみを整える効果的な治療をおこなっております。「関節のひっかかり」や「神経の圧迫」が改善すると、つらいむち打ち症の後遺症を予防しながら早期に治癒させることができるのです。

後遺症の根本原因とは?

不慮の事故でむち打ち症になり病院でレントゲン検査をおこなっても、骨や関節に異常がなければ「痛み止めを処方しておくのでリハビリで様子をみましょう」といわれて親身に向き合ってもらえないこともあります。
 
むち打ちの症の後遺症が長引く方の多くは、もともと「負担のかかる習慣」や「悪い姿勢」が積み重なり骨盤や背骨がゆがんで、痛みやすい状態になっている方がたいへん多くおられます。交通事故により頸椎がゆがんで背骨の柔軟性がなくなり、神経を圧迫するとさまざまな不調が現れるようになるのです

お体の状態を見極めて鍼灸や整体をおこない症状と原因の両方を治療することで、つらいむち打ちの後遺症も根本的に改善することができますのでご安心ください。

むち打ち症の種類

①頸椎捻挫型-けいついねんざがた

むち打ち症と診断される方の8割は頸椎捻挫といわれ、首のまわりにある筋肉や靭帯が傷つき痛みを感じやすい状態になっています。交通事故の強い外力の影響により、筋肉が固くなり首の関節がゆがんで肩こりや背中の痛みなどの原因となります。

②根症状型-こんしょうじょうがた

首の神経や背骨の椎間板が傷ついて、「手に力がはいらない・・・」などの神経根症状があらわれます。さらに「体に力がはいらない・・・」「頭の後ろがガンガンする」など、さまざまな症状があらわれます。

③バレリュー症候群(後頸部交感神経症候群-こうけいぶこうかんしんけいしょうこうぐん)

交通事故の強い外力によって背骨がゆがみ、神経が傷ついてバランスが乱れている状態をいいます。自律神経の乱れにより「肩こり・腰痛・頭痛・吐き気・耳鳴り・めまい・不眠症 等」などさまざまな症状があらわれます。また事故後、時間が経過してから症状がでることもあります。

④脊髄症型-せきずいしょうがた

背骨に守られている神経が傷つくことで、麻痺や感覚の異常がおこり「足に力が入らない・・・」など歩行困難の症状があらわれます。むち打ち症のなかでは最も重症なケースで、一般的には完治することが難しいとされています。

しかし「神経1日1㎜ずつ再生していくと」と言われているため、諦めずに根気よく治療をおこないながら負担のかかる習慣を見直すことで、少しずつ症状が緩和していく方もおられます。ご安心ください。
 

むち打ちの治療法

むち打ちの治療

強い衝撃により傷ついた筋肉や関節の治療をおこない、「関節のひっかかり」や「神経の圧迫」をできるだけ早く解消することが大切です。むち打ちの症状が長引いてしまう方の多くは、もともと背骨がゆがんでいて負担がかかりやすく「首の痛み」や「寝違い」などのお悩みを持っている方が多くおられます。体のバランスが悪い状態で不慮の事故が重なり、症状をさらに悪化させている方もおられるのです。

鍼灸や整体をおこない症状と原因の両方を治療することで、「関節のひっかかり」や「神経の圧迫」が解消し、つらい痛みも根本的に改善することができます。むち打ち症の後遺症で「どこへ行ってもよくならない・・・」とお悩みの方は、効果的な治療を組み合わせた当院のトータル治療が特にオススメです。

交通事故にあってしまったらどの診療科へ受診するべきか?

医師がいるクリニックでむち打ち症を診てくれるのは、「整形外科‐せいけいげか」といわれる診療科です。精密検査をおこないむち打ちで傷ついた体の危機的な状態を見極めて、手術などの緊急処置をしてくれるのは整形外科のみです。

交通事故にあわれた場合は整形外科を受診して、医師の診断書をいただいてから警察署に必要書類を提出してください。さらに自分の加入している保険会社に連絡をおこない、すみやかにリハビリを開始ずることをオススメします。

また「交通事故専門院」などの看板を掲げている整骨院もありますが、医療制度を悪用して医療費を不正にせしめている悪徳治療院も少なからず存在しています。受診されるときや病院から転院されるときは、不正に加担させられないようにご注意ください。

当院では健康保険を取り扱っておりませんので「この症状を良くしたい」と、真剣にお悩みの方は安心して来院くださいませ。

「病院でおこなう、むち打ち症の治療」について

病院での一般的なむち打ち症の治療は、レントゲンなどの画像検査をおこない関節に異常がないかを見極めてから、痛み止めのお薬やシップを貼ってリハビリ(頸椎カラー・牽引療法・電気治療)などの対象療法がおこなわれます。

しかし重篤な症状でなければ検査をおこなっても骨の異常はみつかりません。さらにMRIなどの精密検査も骨折や神経の損傷がない限りは、むち打ち症の診断に役立つことはないといわれおり画像検査だけでは状態を把握することに限界があるのが事実です。

ようするに病院では重篤な状況は見極めてくれますが、むち打ち症で傷ついた筋肉や関節などの細かな状態までは見極めてはくれないのが現状なのです。さらに対症療法で体の回復をはかろうとすると、症状が長引いてしまい後遺症が残ってしまうこともあります。

したがって不慮の事故でむち打ち症になってしまったときは、まず重篤な状態がないかを病院で見極めてもらいその後、鍼灸や整体で体のゆがみを整えながら根本改善を目指すことが最も安全でベストな選択となります。

むち打ち症でお悩みの方はご予約を

むち打ちの治療

当院では問診や検査をおこないお体の状態を見極めて、鍼灸でカチカチになった筋肉をほぐして体をリラックスさせてから、整体をおこない骨盤や背骨のゆがみを整えます。すると「関節のひっかかり」や「神経の圧迫」が改善して、つらいむち打ち症の後遺症も根本治癒させることができるのです。

むち打ち症の後遺症が残ってしまい痛みを和らげるための不自然な習慣が身について、「どこへ行っても治らない・・・」とお悩みの方には特にオススメです。

なお当院では健康保険を使用した治療はおこなっておりませんので、「この症状をどうにか良くしたい」と真剣にお悩みの方のみご予約くださいませ。

むち打ち症でお悩みの方はご予約を

(柔道整復師・鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師 藤井康徳 監修)

 
インターネット予約はこちら
電話予約はこちら